+++RSSニュース+++



2007年06月09日

黒木瞳「ラブホ」に来てと過激PR、映画「怪談」舞台あいさつ





歌舞伎俳優、尾上菊之助(29)、女優の黒木瞳(46)らが8日、東京・恵比寿ガーデンホールで行われた映画「怪談」(中田秀夫監督、8月4日公開)の完成披露試写会で舞台あいさつを行った。江戸時代を舞台に女性の深い愛憎を描いたホラー映画で、黒木は「このラブホ(=ラブホラー)をぜひごらんください」と過激PR。美女に囲まれた菊之助は「役の上ではモテモテでした」と鼻の下を伸ばした・・・。

こんな黒木のドッキリ発言が飛び出したのは、舞台あいさつ前の囲み取材。劇中で、菊之助演じる新吉に、「このあと女房を持てば必ずや取り殺す」と言い残して死んでいった女性・豊志賀(とよしが)を演じた黒木は、「愛が深ければ、嫉妬も深いんでしょうね。私? まだ修行が足りないかな。でも豊志賀ほどは深くないですけど、気持ちは分かります」と、“女の怨み”の強さをアピールした。

昼間に博多座で公演があったため舞台あいさつにやっと間に合った菊之助は、こんな発言があったとはつゆ知らず。壇上で黒木をはじめ、井上真央(20)、瀬戸朝香(30)、麻生久美子(28)、木村多江(36)ら和服美女に囲まれて「普段モテない私も、役の上ではこのようなきれいな女優さんに囲まれて…。男としては嫌なヤツですが、新吉に感謝したい」とデレデレ。

「彼の行動は汚らわしいし、憤りを感じましたけど、若さゆえに犯してしまう過ちは、世の中の男性は誰でも共感できるんじゃないですか」と口をすべらすと、黒木がすかさず「男は過ちを犯してもいいということなんですか?」とジロリ。「でも、そういう男に女は惚れてしまうんですよね」とフォローを入れた黒木だったが、続く井上にも「そんなの納得いかない」とにらまれ、シュン…。約700人の観客から笑いが巻き起こっていた。
おまけ動画
黒木瞳 騎乗位ベッドシーン
http://1456e7a5.blog98.fc2.com/blog-entry-182.html
タグ:黒木瞳 映画
-女子アナのお宝画像-


☆☆☆楽天トラベルの格安航空チケット☆☆☆



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。