+++RSSニュース+++



2008年06月10日

広末涼子、エリカ様役で女優業再開





女優の広末涼子(27)が日本テレビ系の連続ドラマ「ヤスコとケンジ」(7月12日スタート、土曜午後9時)で離婚後、初めて女優業を再開する。広末は1月末まで舞台「キル」に出演、3月にデザイナー岡沢高宏(32)との離婚後はCMなどの仕事をこなしていた。連続ドラマのレギュラー出演は、フジテレビ「スローダンス」以来3年ぶり。

広末が演じるのはレディース(女性暴走族)「黒薔薇」の元総長・エリカ様こと椿エリカ(28)。現在はフラワーショップ「椿フラワー」を切り盛りする清楚(せいそ)な女性だ。だが、松岡昌宏(31)演じる片思いの相手、元暴走族総長・沖健児の前に出ると、心とは裏腹に悪態をついてしまう。5月に最もユリの似合う女性「ミズ・リリー2008」に選ばれた広末にとって、フラワーショップ店長ははまり役といえそうだ。広末は「コメディータッチの作品は経験が浅く、漫画原作も初めてなので、初心に帰り当たって、砕けろの気持ちで頑張ります」と話している。

主演松岡ができ愛する妹の女子高生沖康子役の多部未華子(19)は「松岡さんをお兄ちゃんと呼ぶことができるのを楽しみにしています」。康子が一目ぼれ、エリカ様の弟のイケメン優等生・椿潤役の関ジャニ∞の大倉忠義(23)は「絶対に面白いドラマになるという予感がします。期待してください」と話している。また、「椿フラワー」の従業員で、エリカ様の元舎弟・宮園かおりを山口紗弥加(28)が演じる。
(引用 livedoorニュース)

画像検索→広末涼子

AKB48、両親から心配の声相次ぐ…秋葉原無差別殺傷事件





AKBに衝撃! 多数の死傷者が出た連続殺傷事件が発生した東京・秋葉原を拠点に活動するアイドルグループ「AKB48」が8日、同所のAKB48劇場で公演を行った。同劇場は事件現場から約80メートルの至近距離。犯人逮捕を受けて公演は予定通り行われたが、安全を心配する両親からメンバーには電話連絡が相次ぐなど、劇場は緊張感に包まれた。

リハーサルなどの準備を行うため、メンバーが劇場入りするのは、通常同9時30分から10時ごろ。少しでも時間が前後していたら惨事に巻き込まれた可能性もあった。午後1時45分に第1回公演を終えて楽屋に戻ったメンバーの携帯電話には、両親から心配の声を寄せるメールが相次いでいた。

関係者によると、事件のニュースは事件発生直後に事務所のスタッフがインターネットで確認。劇場では公演続行について話し合いを行ったが、犯人が逮捕され安全面での心配がなくなったことでスケジュール通り公演を行った。すべてインターネットでの予約によって入場券を販売している同劇場。来場予定者からキャンセルの要望もなく、完売。第3回公演の終わりまでオールスタンディングの観客からは熱い声援が飛び交い、ステージではいつも通りのパフォーマンスが展開された。

立て続けに3回の公演が繰り返されたため、メンバーは事件の詳細を把握していなかったそうで、ステージ上から事件に関するコメントなどはなかった。
(引用 livedoorニュース)

画像検索→AKB48

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。